ナノファブスクエア第9回【マイクロモールディング】開催案内

2024年度も、新川崎にあるNANOBICオープンラボ において、ナノ・マイクロデバイスの研究開発に必要な加工・分析・観察・評価技術について、
理論から装置の操作方法までを習得できる講習・実習会をシリーズで開催します。

本年度第9回として、ミクロンオーダーの鋳型(モールド)を作り、転写技術によってマイクロ流路を作製します。簡単な送液実験も行ないます。
参加ご希望の方は下記の申込フォームよりお申込みください。好評につき定員に達しました

===================================================================

日時:2024年8月1日(木) 9:45~16:30(講習30分、実習5時間)

費用:13,000円

定員:先着5名程度

実習内容:ミクロンオーダーの鋳型(モールド)を作り、転写技術によってマイクロ流路を作製します。簡単な送液実験も行ないます。

実習機器:レーザー直接描画装置 DWL66fs(Heidelberg Instruments Mikrotechnik製)

講師  :三宅 亮 先生(東京大学大学院工学系研究科 特任教授)

場所  :かわさき新産業創造センター AIRBIC 会議室4(川崎市幸区新川崎7-7 新川崎・創造のもり)

             ▶ アクセス

実習会案内パンフレット: ▶ ご案内パンフレット

今後の実施計画:     ▶ 年間スケジュール

実習会参加申込:        ▶ 申込フォーム 好評につき定員に達しました

お問い合わせ:      ▶ (クリックするとメーラーが開きます)

主催:4大学ナノ・マイクロファブリケーションコンソーシアム、(地独)神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)、川崎市